FC2ブログ

瀬戸焼 窯元渓泉のブログ

窯元渓泉は陶の里、愛知県瀬戸市にて織部、染付などの普段使いの暮らしの器を提案するお店です。 女性作家を中心とした陶工房、ギャラリーがございます。 また、御予約にて体験陶芸も出来ます。

初秋の感じになりました。

 秋の雰囲気を感じます。
こんな器を使ってみませんか。

 秋に使ってみませんか。

招き猫 人を呼び、金運を招く猫です。
  1. 2013/10/09(水) 14:38:56|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こいのぼりの季節です。

鯉のぼりとつばき
 木々の緑も鮮やかになってきました。
瀬戸市の「市の花」は、椿ですが、ご存じでしたか。椿の花と、陶器のこいのぼりを写してみました。
このこいのぼりは、瀬戸市西蔵所町の「瀬戸蔵」でも販売しています。
 
 椿園を訪ねてみませんか。
瀬戸市の赤津地区白坂町に雲興寺という古刹があります。その対岸に赤津川を渡る小さい橋があり、そこを渡ると、瀬戸赤津凧山つばき園があります。坂道を上っていくと、織部の狛犬が迎えます。
 約5000坪の園内には、瀬戸椿の会が植えた千本以上の椿があります。そのなかに瀬戸市の陶芸作家のモニュメントが点在し、直接触れることができます。写真撮影にいかがですか。
  1. 2013/04/24(水) 17:08:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コラボイベント当日の様子

7月26日 イタリアンレストラン issare shu x 瀬戸焼きの窯元 によるコラボイベントが開催されました。
お越しくださったお客様、ご尽力頂いた皆様方々、ありがとうございました。

一部ですが、食器とお料理ご紹介しますね。

イザーレ・シュウ イベント当日 027
                  お客様を待つ店内の様子   佐藤志津先生のお花が涼しげです。



イザーレ・シュウ イベント当日 033
まずはお口取り サマートリュフのガレット

美山陶房 寺田鉄平さんの鮮やかな陶漆の器です。
 


イザーレ・シュウ イベント当日 035
画像横ですみません!
二品目 冷菜 イタリア産ブラータチーズとトマトのコンソメジュレ

窯元渓泉 ワイングラスのような形の向付
黄瀬戸、織部、染付など一つ一つデザインが違います。



イザーレ・シュウ イベント当日 003
控室からキッチンの様子が見ることができました。
次々とお料理が盛り付けられていく...プロの仕事に感心。
中央の方が水口秀介シェフです。

イザーレ・シュウ イベント当日 041
続きまして、リゾット 夏きのこのリゾット

三峰園窯 加藤達伸さんの織部と黄瀬戸のタタラ皿

別に盛られたきのこをリゾットにのっけて頂きます。


イザーレ・シュウ イベント当日 046
魚 アマダイの炭焼き 鱗のかりかり素揚げがのっかってました。

椿窯 林栄治さんの白磁銀彩平鉢
雲母を一刷毛、表面に施してあり
真珠のような輝きがあります。




続きは次回に!
  1. 2012/08/08(水) 17:11:51|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツキヌキニンドウ

貂捺ウ峨・蝎ィ+010_convert_20120725113446
                                タタラ手付き織部の花入れ 3500円



暑い日が続いています。
渓泉の庭には、この季節ツキヌキニンドウの花が咲いています。

この花はちょっと変わっていて、
茎が丸い葉を突き抜けるようになっています。


手付き織部の花入れに挿してみました。




  1. 2012/07/25(水) 11:32:03|
  2. 商品紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

かたくりの花の器

蒸し暑い梅雨も終わり、
抜けるような青い空の夏がやってきました。


涼をさそう、染付の器をご紹介します。



        千茶器 かたくりの花 五客箱付 5,000円

縺代>縺帙s縲€譁ー菴懊€€・抵シ撰シ托シ代€€逧ソ縲€蟷イ謾ッ縲€遲・034_convert_20120719101246
        取り皿 かたくりの花 五皿箱付 4,000円


 かたくりの花は、春まだ浅い頃 
 うつむきかげんに楚々と咲くかわいらしい花です。

 ここ愛知県では豊田市足助町の群生地が有名です。
 
渓泉では毎年、スタッフみんなで見に行きます。 
  1. 2012/07/19(木) 10:41:37|
  2. 商品紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ